大阪ホームシェアリングクラブ立ち上げに際して

7/29、昨年から少しずつ準備していたコミュニティの立ち上げが叶った。


世界に約140あり、日本では 東京、京都、札幌についで大阪が4番目となるホームシェアリングクラブ。

ホームシェアリングクラブとは。。。
ホームシェアリングを通じて得られる文化交流の価値や、地域への経済貢献の可能性を内外に発信すると共に、有志のメンバーが団結し、公正なホームシェアリング関連法の整備を推進するグループ。

ホームシェアリングのポテンシャルは計り知れないと個人的には考えている。
海外からのゲストは各国のよりローカルなホテルのないような場所にも訪れることが容易となり、そこでしかできない宿泊”体験”ができることでより満足度の高いユニークな旅となり、その周辺にも経済効果を生む。
空き部屋や空き家を活用するホームシェアは、地方創生の起爆剤としての可能性を秘めているし、ものが溢れる時代、シェアリングエコノミーを活用したアクティブなシニア層や若者の新しい働き方の創造と就労の形まで変えてしまう力すらある。

単なるインバウンド宿泊の受け皿で終わらない面白さがそこにはあると思う。

Airbnbとホームシェアリングが描く未来にはとてもワクワクする。

大阪ホームシェアリングクラブメンバー
Shinya