ホストストーリー

阿蘇 乙姫物語のホスト

私は熊本阿蘇で昨年4月にAirb&bをスタート致しました。
の秋、築80年を迎える規模の小さい農家です。

この家も幼少の頃は祖父をはじめ家族11人という時もありましたが、今は私一人。部屋が空きました。

数年前帰省、見渡せば近所もほとんどリノベイションしており、
私の住居はほぼ私が家を出た時のままです。

蛍もあの頃と同じく出現します。
都内にいたころ、ある大学の名誉教授と出会い、
「囲炉裏があってシャンソンが聴けて、ワインを飲めたらいいな」
と言う言葉に
「それは私の家だったら叶います」
と思い立った次第です。

阿蘇と言う地名とカルデラのほぼ中央、
360度ノパノラマはロケーションに関しては申し分なし。

40年ほど前はホテルからペンションへとお客様の宿泊施設の利用形態は変わりました
が、今はペンションから古民家へ、そう思いました。

早速、市役所、保険所に相談。
上手くいかないもので申請直後に北部九州集中豪雨に見舞われ、
消防書に災害復旧を優先してもらってようやくH25に認可となりました。

当初、来客は日本人を想定していましたが、如何せん国道県道から若干離れており、
周りにレストランおろか食料品店がないとう欠点を親戚から指摘を受けていました。

手巻きずしなどを自分で作るなど、
一泊二食付きと言う日本の常識とはかけ離れているので、
予想通り認可は下りたものの開店休業状態が2年ほど続きました。

そこで出会ったのがAirb&bです。
Airb&bがどういうものかもわからず早速登録いたしました。

そして昨年の熊本地震。
パリからのゲストと共に熊本地震に遭遇するというとんでもない出来事が起こりました。

ゲストにけがはありませんでしたが、
彼らがいたお蔭で励まされ、気丈に振る舞うことができました。

現在、浴室復旧工事が終わらないまま、ゲスト承諾で宿泊を受け入れております。

元々この地域ではAirb&bの登録が少ないようで全く情報交流がありません。

登録したすぐあと、海外からの予約が相次ぎ却って予想だにしていなかったことで不安だけでした。

ただ、地震の速報から30分後ぐらいから世界各地から全てキャンセルになり、
私としても料金、受け入れ体制の準備等、スタートしたばかりでゲストに対して、
幸いした格好になりました。

まだ日本人はやっと5人越したところです。

国が違う、宗教が違う、ベジタリアンなど食事の好みも違う。
そこで、スーパーで食材を買い求めてもらい、
囲炉裏で日本料理を自分で調理し味わってもらう。

囲炉裏は対面キッチンの変形だと思います。

ゲストが炭火を起こし、食材を焼いたり煮たりしてもらうシステムです。
やり方はもちろんアドバイスします。

火を起こすところから海外ゲストには初体験だそうで好評です。

でも私の方も素材に下味をつけたり、
野菜のカットなどそちらの業務ができるし、大助かりです。

ゲストは憧れの日本料理を自分で調理できるというわけです。

また、チェックインで宿帳記入、WI-FIセットなどが済んだら、囲炉裏の周りに集まってもらい、和菓子と抹茶、
チェックアウト時には桜湯を提供、そのいわれなども説明しています。

浴室使用不可能については
地元温泉の中から家族湯の設備を持つ施設を数か所の中から選んでもらっています。

温泉も海外客には憧れ、十分満足されているようです。

2部屋ですからそこで国際交流も普通です。
囲炉裏が1箇所、共同利用がその理由かも?

囲炉裏の他、釘を1本も使っていない昔の農家の日本建築や
蛍狩り、筍掘り、餅つきなど古い農家の暮らしを体験できることがレビュ―4.6前後の評価を得ているのでしょうか?

長くなり、最後までお読みいただきありがとうございます。

阿蘇 乙姫物語 村上静雄

阿蘇 乙姫物語のホスト” に2件のコメントがあります

  1. 初めまして、私は千葉県は房総半島のど真ん中:長柄町にて同じく古民家に住み、AirBNB
    のメンバーとなり動き始めたものです。お仲間として情報を共有させていただければ幸いです。 我が家は成田、羽田両国際空港にも近く、デズニーランドや成田山新勝寺なども近いところですが、まだまだ、定着させるまで時間がかかりそうです。お互い頑張りましょう。
      よろしくご指導ください。   ホリサン より

  2. お読みいただきありがとうございます。
    スタートしたばかりでまだ何もわかりませんが、
    今交通アクセスが最悪の中、それでも当家を求めて来るのには
    ただ宿を求めているだけじゃなく、価格だけでもないってことに気付きました。
    大方のゲストは滞日が大体1か月。数多ある宿泊施設の中で、
    まして被災1年半を経過しそうだというのに、
    復旧工事も進んでいない当家を選んでくれたことに感謝しています。
    到着されたらできるだけ早い時間にゲストの希望、要望を汲みとって
    対応しようと思っています。
    ご指導いただけたら有難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です